未分類

猫の歯磨き粉・おすすめ・必要か?安全性

猫の歯磨き粉について

おすすめの猫の歯磨き粉とは

・C.E.T.はみがきペースト
動物病院でも取り扱いのある、多くの獣医さんがお勧めする歯磨き粉です。
酵素が配合されており、
チキン
モルト
バニラミント
シーフード
の4種類のフレーバーから選べます。
味に飽きやすい猫のために複数の味を使い分けても良いでしょう。

・オーラティーンデンタルジェル
天然の酵素が配合されています。
ほんのり甘く、嗜好性が高いのでご褒美としても使えます。

・コスモスラクトデンタルジェル
口腔内には善玉菌と悪玉菌がいますが、乳酸菌により口腔内の善玉菌を増やし、口臭や歯周病の原因となる悪玉菌を抑えます。
甘い味がついており、無香料で防腐剤は無添加です。

・オーラルピース 歯みがき&口腔ケアジェルペット用
安全性を考えて開発された100%天然由来の原料を使用し、化学合成物質を使用していない口腔ケア用品です。
天然由来の口腔ケア製剤「ネオナイシン」が口腔内の細菌にアプローチし、歯垢や口臭を防ぎます。
歯ブラシに付けるチューブタイプのジェルのほか、口の中に数回プッシュするだけのスプレータイプもあります。

・Dr.YUJIRO パーフェクトセット
歯科専門の獣医師が、安全性や口腔内環境の改善効果に自信を持って勧めているデンタルケア製品です。
合成化学物質を使用せず、植物のみを原料としています。

安全な猫の歯磨き粉とは

安全な猫の歯磨き粉とは

防腐剤などの添加物が不使用の物を選ぶことが理想的です。

人用の歯磨き粉は猫に使用してはいけません。

理由の1つは、人用の歯みがき粉はうがいをすることを前提として作られているということです。

発泡剤や研磨剤が含まれており、猫はうがいが出来ないためそのまま飲み込んで健康に害を及ぼす可能性があります。

もう1つは、キシリトールを含む製品が多いという事です。

キシリトールは虫歯予防に有効として有名な成分ですが、犬には有害で危険なものであり、少量であっても摂取すると血糖値の低下や嘔吐、肝不全などを引き起こされるとの報告があります。

猫に関しては最新の研究では無毒かもしれないという可能性が示されていますが、念のため避けておいた方が良いでしょう。

犬用歯磨き粉の中にも猫にとっては有害な成分が含まれている可能性があるので、猫用のものを選びましょう。

猫に歯磨き粉は必要?

歯磨きの目的は、食べかすや歯垢を落とすことです。

歯磨き粉自体には汚れを落とす効果はあまり期待出来ないため、必ずしも必要なものとは言えません。

歯ブラシに水やぬるま湯を付けるだけで磨ける子であれば、それだけでも十分に歯垢を落とすことが出来ます。

猫に歯磨き粉を使用する一番の利点としては、殆どの製品には猫が喜ぶような匂いや味が付いているため、歯磨きを好きになるきっかけづくりになります。

また、歯みがき粉の種類にもよっては歯垢を付きにくくしたり落としやすくする成分が配合されているものや、口臭予防効果、抗菌予防効果などが期待出来るものもあります。